本読み、音楽、アニメ、ゲームなど……じぶんのためのメモ的なものを、気まぐれに載せています。

2014年2月18日火曜日

打ち込み日記 -  「海の上のピアニスト(THE LEGEND OF 1900)」から「Enduring Movement」

23:48 Posted by どぼん , 4 comments
「自分でまいた種だぞ、このクソピアニスト」。

先日日記で書いた映画「海の上のピアニスト」から"Enduring Moviment"を打ち込んでみました。耳コピ+適当に音をつけた部分がほとんどです。映画では主人公が一人で弾いたということになっていますが、実際には二人でも難しいと思います。

映画中でも印象的な作品なのですが、日本版のサントラには収録されておらず、イタリア版のサントラにしかないという残念な曲です。演奏動画もほとんどありませんので、きちんと聴音できる人に弾いてほしいですねー><

* 物語 *
 主人公はアメリカとヨーロッパを行き来する豪華客船の上で生まれてから船を降りたことがない天才ピアニスト。あるとき、その伝説的な評判を耳にした名ジャズピアニスト(ジャズの祖らしい)が彼に勝負を挑みにやってきます。

主人公ははじめジャズピアニストの音楽を褒め称えるのですが、主人公を打ち負かそうとする技巧一辺倒な曲を聴いて激怒。そこで上のセリフとともにピアノへ向かって弾いたのがこの曲です。

彼はなぜ激怒したのでしょうか。その場で映画を見ただけでは「ニコニコしてたのになんかいきなりスイッチが入った」ぐらいにしか思えない場面です。ぼくの考えでは、純粋に音楽を楽しんでいた彼は音楽を聴いてはじめて自分が挑発されたことに気がついたのか、あるいは自分のなかにある音楽を侵された、冒涜されたと感じたのではないかと思います。とにかく、彼はこの勝負をきっかけにしてジャズを嫌悪してしまうのでした。


4 件のコメント:

  1. え!? これどヴぉんさんの?
    先に聴き始めたんで てっきり生演奏か何かかと。
    聴いただけ? 信じられない…

    もっと多くの人に聴いてもらいたいですね~

    魅力的な文章と見事な演奏で
    このシーン ものすごーくイメージがわきますよ。
    ジャズ好きなのにーー
    しかしこのジャズピアニストはいけませんな。
    このダメダメなピアニストのおかげで
    この演奏が聴けたわけだが
    ジャズが天才ピアニストに嫌われた代償は大きい…残念です誰 (まだみぬ映画に感情移入

    返信削除
    返信
    1. Youtubeでもいくつか動画があったので参照しながら作ってみました。
      https://www.youtube.com/watch?v=ETZJo4TcbQk

      でも、著作権的にちょっとアレなので、聴かれない方がいいのかもしれません(苦笑) ぶっきらぼうな説明文章、お読み下さってありがとうございます。映画の方も「クソピアニスト」的なことをいっているのかな? ともかく、名シーンです!

      ジャズピアニストは、呆然としながら翌日に船を降り、そそくさと消え入るように帰って行きましたとさ・・・

      削除
  2. ご紹介ありがとうございます♪
    一度だけ…
    !!すごいですね…
    どヴぉんさんがおっしゃってたように
    これは二人でも相当大変なのではという印象を受けました。
    最後の 演奏のすごさを印象付ける演出も粋でしたね。

    改めて、これを仕上げたどヴぉんさん…すごいな…

    返信削除
  3. ありがとうございますー><

    最近ちょっと調べたら、4人で弾いているそうです。
    でも、どうしても映画版のような迫力が出ないのですよね。音が足りないのか、リズム感が機械的なのか・・・まだまだ力不足です(^^;

    返信削除

ご訪問ありがとうございます。コメントの投稿はこちらからお願い致します。