本読み、音楽、アニメ、ゲームなど……じぶんのためのメモ的なものを、気まぐれに載せています。

2014年6月14日土曜日

雑記:じゃんけん――電車内にて

8:20 Posted by どぼん 4 comments

じゃんけん――電車内にて


 混雑する車内。駅に着くと、3人の女子大生が素早く空席の前にやってきた。目の前にある空席は二人分しかない。そこで彼女たちはこの座席をめぐってじゃんけんを始めた。

 それをみていた老人が「つぎで降りるから」と席を譲った。そうすると彼女らは笑顔満面で礼をいい、その場に譲り合いの喜びが生まれたかのようにみえた。彼女たちはこうして3人分の座席を作ることに成功した。おい!

ノマドさんが通る

(オフィスはあると思うので、正確にはテレワークさんなのですが)

  ちょっと暇があると、コーヒーを飲めないくせにカフェ(喫茶店)に立ち寄るのだけど、後ろの客がすごくうるさい(対面する2人用の座席が縦に並んでいる)。例によってタイピング音と電話。すこし苛立ったけれど、それ以上に、なぜ苛立つのかということに関心をもった。たとえば喫茶店で勉強する人などは、間違いなく昔から居たはずだけど、これほど不満の声を聞くのはここ最近のことではないかと思う。人びとにとっての喫茶店という場所の意味が揺らいでいるのかもしれないなと、ひとりで考えながらうなづくのでした。


(些細なお知らせ) ちかいうちにテンプレートを変更するつもりで、テンプレートをダウンロードして、フォント変更などのささいな手入れを始めました。どうも、字が小さいと見づらいのです……(老人か)

6月30日:テンプレートを変えました。ちゃっかりスマートフォン対応、本人が持っていないのに。不具合がないか、確かめています。

4 件のコメント:

  1. (´゚д゚`)えぇーーー こんな場面に たびたび出くわしちゃうんですか!もともと二人分しか席空いてなかったのに、気まずい行為のおかげで すでに座ってた方が三人目の女子大生のためにわざわざ席譲ったってことですよね。いや この場合女子大生側が断りますよね普通。

    この女子大生たちは それまで電車通学をしたことがなかったのかな。私電車通学したことありますけど、基本的に 席譲ることはあっても、席譲ってもらうことはありません。どうぞと言われても断ってました。もちろん空いてるところには積極的に座りますが。人それぞれ考え方違うでしょうけれど…気分がわるかったり勉強をしたかったり、あるいは眠くてしゃあない(笑)とき以外 たいてい学生の方々同じように考えてると思ってましたが。

    この場面だと個人的には…、二人分の席に二人が座って一人立つか、みな細身であれば二人分の席に(周囲に迷惑をかけない範囲で)三人すっぽり座るか、座っている子一人の膝に一人軽く座らせてもらうか(若い同性同士や親子でたまに見かけた座り方)、三人がそれぞれ相手に気を遣って全員とも平等に立つか、このどれかだといいんじゃないかな~。

    座ってる場所をかえてもらったり、別の空いている席にずれてもらったりというのはあるでしょうけれど さすがにこの場面の結末は…。

    返信削除
  2. 後日読み直したらひどい文章だったので、大幅カット・書き直ししました。Stさんの読解力に感謝します(^^;)

    もちろん悪意はないのだろうし、座っている方も譲る必要などないのですが、三人仲良く座る必要はないし、彼女らがじゃんけんをしているあいだは他の誰も座れない(座りにくい)というのがなんとも。

    正直に言えば「なーにが”ありがとうございます”だ、きみらがどかしたも同然じゃないか」と(笑)

    返信削除
  3. いや、すみませぬ。私のほうこそ 早とちりでした。私も迷惑行為してただろうし、言える立場ではないんですけどね。でもご老人に譲ってもらうって びっくり!私も どヴぉんさんと同じ思いです。「いえ、私たちも次で降りるんで、そのまま座っていてください(´∀`(´∀`(´∀`)」とか 嘘でもゆうてちょうだいよ。

    カフェで堂々と電話する人いるんですね。これまたびっくり。私見かけたことないので想像がつかないんですが、そういう人はやはり周りを気にしないのかしら。私もパソコン持ってって カフェで仕事処理しちゃおうかと考えたことありましたが、自分知識ないんでセキュリティ?面で却下しました。完全に安全にできないと思って。電話なんて 仕事の話ですよね だだもれでは?よーわからん。周りは聴きたくない話聴かされるし あんまりいいことなさそうです。

    さっき、雰囲気変わりましたね~ってお話書いたんですけど、そのとき「アクセスする機械(何それ笑)選ばないデザインですね」って言おうと思ったんですよ。でも…機械…って…意味わからんと思って…。なんて書けばいいかわからんくて 触れるのやめたんですけど、なんと!スマートフォンにも対応したデザインだったのですね!さすがどヴぉんさん!!やってくれますな!!(誰 このデザインだったらタブレットの方々も喜びそうですね。そうか、お風呂でも外出先でも、気軽に見れる(聴ける♪)ようになったのか!! ありがとうございます!!

    返信削除
    返信
    1. カフェでの電話は、仕事や雑談、まんべんなく見かけます・・・今日もです(^^;) 「周りを気にしない」、ほんとうにこれが増えているような気がします。ですから、仕事の話や作業の様子なども結構筒抜けなのですよね。もちろん、見られてもいいようなことをしているのでしょうけれど。

      彼らに言わせれば、「電話も会話も、発している音量は同じぐらいだろ」ということでしょうけれど、では、高級なレストランでも同じような振る舞い(スマホ凝視、電話、大声など)をするつもりなのかという疑問を感じます。
      そう考えると、「カフェでの振る舞いはどこまで許されるか」という問題になります。日記に書いた「人びとにとっての喫茶店という場所の意味が揺らいでいるのかもしれない」というのは、そのことです。マナーってなんだろう、ルールってなんだろう・・・と、最近むだに批判的になっているのです。

      デザインはまさにおっしゃる通りで、タブレットやスマホでもみられるテンプレートを探していたんです(あと、コメントへの”返信”が表示されるものを探していました)。横文字でいえばレスポンシブデザインというやつです。このテンプレートをつくった人は偉大です(笑)
      ただ、スマートフォンで見たときに、横幅がちょっと余るようですが、修復が・・・ほかにも不具合があったらぜひ教えてくださいm(__)m

      削除

ご訪問ありがとうございます。コメントの投稿はこちらからお願い致します。