本読み、音楽、アニメ、ゲームなど……じぶんのためのメモ的なものを、気まぐれに載せています。

2014年7月1日火曜日

メモ――コーヒーは、愛のように甘い

22:29 Posted by どぼん , 4 comments
おいしいコーヒーは、
夜のように黒く、
地獄のように熱く、
恋のように甘い
――ミハイル・A・バクーニン (1714-1876)
さかのぼると、
悪魔のように黒く、
地獄のように熱く、
天使のように純粋で、
恋のように甘い
――タレーラン・ペリゴール (1754-1838)
さかのぼると、
夜のように黒く
心のように熱く
花のように純粋で
恋のように甘い
――ヴェネチアに伝わることわざ
さかのぼると、
地獄のように熱く
インクのように黒く
愛のように甘い
――アラブ諸国に伝わることわざ

*) 以上は、島村菜津「バール、コーヒー、イタリア人――グローバル化もなんのその」,光文社新書(296), 2007, pp. 169-173. より


1911年に開業した「カフェー・パウリスタ」のキャッチコピー「鬼の如く黒く、恋の如く甘く、地獄の如く熱きコーヒー」は、ペリゴールの言葉ととても似ている。このキャッチコピーは広く知られたそうだけれど、源流をたどると、かなり古いのではないかと思う(だれかが調べてくれていそうだけど分からない)。

ちなみに著者いわく、イタリアのバールでは、砂糖を2杯も3杯も入れるおじさんをよく見かけるのだそう。そりゃ甘いわけです。



4 件のコメント:

  1. まあ素敵☆いいですねこれ どれも。地獄も純粋も コーヒーにはあてはまっちゃう気がするな~。でも私は何も入れないので、「コーヒーは、愛のように奥深い(意味不明」にしとこ。(なんて勝手なやつ

    そう、熱くなければいけないのです。黒くなければいけないし。味は、お好みで調節するのがいいですよね。甘いのがお好きな方はお砂糖より甘くどうぞ。(え そんなことできるんですか

    そういえば、男性芸人さんがエスプレッソ飲む(注文する)女性にどん引きするエピソード テレビでしてたよって ずいぶん前教えてもらったことあるんですけど(私が濃いコーヒー好きでエスプレッソも大好きなため)そんなもんなのですかね。 エスプレッソ飲むのも嫌がられるなんて それでなくても変人なのに 私どん引きされる要素ばかりじゃないか!と。笑 選んだ飲み物で判断されるって…ひどいワ

    いつも素敵なお話をありがとうございますッ☆

    返信削除
    返信
    1. エスプレッソがお好きで、こだわりがある、さてはかなりの本格派ですね!

      エスプレッソは男の飲み物だという価値観でもあるのでしょうか? タバコでも、女性がタバコを吸うことは男性の場合以上に嫌われる傾向がありますし・・・。でも、立ち飲みのカフェで、女性がかっこうよくエスプレッソを飲んでいたら、見とれてしまいそうですけどね。

      St'さん、どんなところでコーヒー飲まれるのだろう・・・想像がつかないです(笑)

      削除
    2. いえいえ、単にコーヒーが好きなだけで。もちろん…余裕があれば本格派になりたいところですが☆∀☆

      なるほど!そういうことですね。・・・やさしいフォロー感謝です。(いつもすみません笑 私は、出先よりも家で飲むことが多いです。たくさん飲めるし笑 もちろんカフェなどの専門店で飲むのも大好きですし、軽食ではない食事に出かけたときも、お酒よりコーヒー類を選ぶことが多いです。人前でお酒を飲むのはあんまり好かなくて。と言いつつ、周辺に、ゆっくりコーヒー楽しみたいなぁ~と思えるお店がないのも、さみしいコーヒー生活の理由の一つなんですが。どヴぉんさんは落ち着けるお店やオシャレなお店、いろいろと知っていらっしゃるでしょうからうらやましいです♪

      さっき、別のところで返信をクリックせずにコメント入れてしまいました…すみません。今回は返信の欄から!

      削除
    3. そうですね、「会話などをしながら一休みできる場所」はたくさんあっても、「一人でゆっくり時間を過ごせる場所」って、なかなか見つかりません。個人的には、オシャレなお店は好きではなくて、自宅のようにくつろげるお店(でも自宅ほどダラーンとはしない)のほうが好きです(^^;)

      返信の場所についてはお気になさらないでください。そんなに厳密なルールを求めるつもりは一切ないので、メッセージノートのように使ってやってください(^^;)

      削除

ご訪問ありがとうございます。コメントの投稿はこちらからお願い致します。