本読み、音楽、アニメ、ゲームなど……じぶんのためのメモ的なものを、気まぐれに載せています。

2014年9月19日金曜日

「脳内汚染からの脱出」「東京今昔旅の案内帖」

1:09 Posted by どぼん , 6 comments

09/16 : 岡田尊司「脳内汚染からの脱出」

 依存症とは、それほど自分の力ではどうにもならないものなのである。せっぱ詰まった覚醒剤中毒患者が、自ら警察に駆け込むということも少なくない。自分を逮捕して貰うことでしか、自分を止められないと知っているからだ。依存症とは、それほど深いものである。ゲーム依存症も例外ではない。ただ、違いと言えば、薬物依存症が、一、二年もあれば、その人を精神病状態にまで蝕んでしまうのに対して、ゲーム依存症は、もっと長い年月をかけて、若者の人生を蝕むということである (p. 309)
◆ゲームに依存し続ける過程が脳を破壊する。それもじわじわと。小さな子どもたちはゲームをすることによって強力な快楽をむさぼる。しかしその裏では、社会性や共感性、集中力や意欲といったものに対する脳内汚染が少しずつ進んでいるのである。とりわけ暴力的なゲームは子どもたちをむしばみ、その人間性や考え方まで変えてしまう。ゲーム・ネット依存を警告し、そこから抜け出す道を提示している。

◆と書いたものの、当然、”誰もがゲームによって人生をボロボロにされる”というわけではないし、インターネットならばなおのことだと思う。その点でこの本は、「警告の本」として読むと面白い。とくに、幼少期の子どもへの影響は、そのあとの人生まで大きく左右してしまうのだと考えると恐ろしさを覚えずにはいられない。

09/16 : 井口悦男・生田誠「東京今昔旅の案内帖」

 明治期から昭和にかけての彩色絵葉書、写真、地図と、現在の同一視線を比べて東京観光名所の「今昔」をたどる一冊。シンボルツリー、路面電車、モダン建築、夜の銀座、劇場、花見、大学などなど、本書を片手にあなたの知らない東京を訪れてみませんか? (学研ビジュアル新書『東京今昔旅の案内帖』 | 学研出版サイトの紹介文より)

◆手抜きのコピペ

◆東京の今と昔を比べる本は多くあると思うけれども、この本が面白いのは、”ある場所”という点ではなくて、モノやコトをとおして線でたどってゆくという描き方にあると思う。点で注目すれば、とうぜん街並みは大きく変わっているのだけど、タワーのような建造物や、花見のような風物、帰宅ラッシュといった人びとの様子をみると、そこに不思議なつながりもみえて面白い。

◆周囲に比類する建物がなく、当時抜群の高さを誇った東京タワーのシルエットはまさにエッフェル塔のようで、何とも美しい(”けれど今は……”と思ってしまう)。海に面していた品川駅、日露戦争戦勝を記念して凱旋門や花電車(装飾した路面電車)が走っていたというのも面白い。

6 件のコメント:


  1. 「脳内汚染からの脱出」

    脱出!というと、あの愛しの脱出を思い出してしまうけれど・・・依存症は怖いです。深刻化すると、自分自身だけの問題ではないですよね、自分の人生のほかに、大切な人を悲しませたりその人の人生までも狂わせたり。この本は一つの知識として、多くの人が読んだほうがいい本のようですね。ゲーム・ネット依存症は、とくに今の日本で生活する人にとって、とても近い存在のように思います。子育てのためだけではなく、親自身・大人も依存症になりえますものね。

    小さな子どもたちへの影響、私もその恐ろしさは感じます。ゲームの内容にもよりますが、あまりに小さなころから、ゲームのあの独特の世界に慣れてしまうというのは、ちょっとどうなのでしょう。単純なゲームでも依存する可能性はあるし、小さなころはやっぱり もっと現実の生の、本物の世界をいっぱいいっぱい楽しんでもらいたいですね。

    私がもし、親の立場になる日が来たなら、ゲームやネット環境を与えるよりもまず、どヴぉんさんが子どもに読ませたい、といっていた本などを 子どもの手に渡してあげたいなぁ。とは言うものの、節度ある使用はよい効果をもたらすこともある、と聞いたことがあるので(本当なのかは知らない) たまには家族で、ゲーム大会を開催するのも面白そうだ。(想像は膨らむ…笑

    しかし、いつ依存症への道を進んでしまうかわからないし、このような本を通して、子ども自身もゲーム・ネット依存症(の怖さ)について知っておくことは大切ですね。すぐに理解できなくても。

    あぁ最近脱出できていない。久しぶりにしたいなー((゚∀゚))


    「東京今昔旅の案内帖」

    (´∀`)にんまり どヴぉんさん、手抜きしてないでしょう。 一日のうち90%位は手を抜いたほうがいいですよ(あ95% いや100%でもいいかな。←優柔不断 どヴぉんさんなら手を抜いても 傑作に違いない。

    あなたの知らない東京を訪れてみませんか?と言われてしまったら、えぇぜひに、と答えちゃいますよ。♪ 前どヴぉんさんに、ちらりお話したヴァイオリンのリサイタル、それが東京でして、それからは行ってません。次行くときは、どヴぉんさんが教えてくださった音楽の博物館を ぜひ予定に入れたいと思っています♪♪

    あ 話がそれました。すみません。この本は昔の様子を学びながら、その地を旅できるという感じなのでしょうか☆ 素敵です! 出版サイトの紹介文を読み始めたときは、ガイドというより資料のような本なのかと思いましたが、本書を片手に…と誘ってくるあたり、ほぅ、気になりますなっ!(単純) 東京に出かける予定ができたら、ぜひ参考にしたい一冊です!この本があれば、物的な何かを手に入れる旅行ではなくて、形はなくても心に収められる旅行を計画できそうですね。


    どヴぉんさんのブログ、いつ見てもおしゃれですよね。しかも使いやすい。もう何度も来てるんですけどねーいつも思います。あ いまさらですが、私コメントの入れ方あっちこっち、ばらばらで とても見にくいと思います…本当にすみません汗 迷子になっているのではなくて、これはもう私のだらしない性格のせいです。(意味不明

    返信削除
    返信
    1. もともと「脳内汚染」という本があって、その続編が「脱出」になっています。ゲームやパソコン、インターネットが子どもの発達に与える影響については、慎重すぎるぐらいのほうがよいのかな、と思ってしまいますね。けれど、厳格すぎても自宅に居付かなくなったりして……。

      タイトル通り、依存症が脳に影響を及ぼすと言うこと、それが大人以上に子どもにハッキリみられるということ、なかなかインパクトがある本でした。

      旅の案内帖はそのとおりで、見ながら歩けるようになっています。同じシリーズで旅の地図帳というのもあった気がしますが、そちらのほうがよいかもしれません。日本銀行の周辺とか、築地本願寺のあたりもだいぶ違ったのではないかと思います! (音楽の博物館のお話、よく覚えていてくださいましたね><)

      頂いたコメントは、管理ページから簡単に見ることができるのでなにも困ることはないので大丈夫です。いつもコメント下さってありがとうございます(^^) 脱出ゲームしたいですねー!

      削除
    2. 大人以上に子どもに…。そうでしたね、ここがとても重要だし恐ろしい部分。悪影響が表面化するころには すでに問題が厄介になってしまっているだろうし、どヴぉんさんのおっしゃるとおり、慎重すぎるほうがいい、と私も思います。

      旅の地図帳、教えていただいてありがとうございます♪日本銀行や築地、今から楽しみになっちゃいます笑 築地あたりは 前回 築地市場をちょろっと行ったんですけど 築地本願寺は考えに浮かばなかった…まったく…。当日 案内を目にしたような しなかったような…。ちょっとサイトを見てみましたが、築地市場のそばなんですね。しかもすごく立派な建物! 見逃してしまったなんて…悲 訪れてみたかったな~残念(ノД`) でも素敵なこと教えてもらちゃた♪+゚ヽ(´∀`*)ノワーィ

      どヴぉんさんが西日本のほうへ いらっしゃるときには、恩返しに、何か役立つ情報を提供できればいいのですけれど、んー。ん゙ーーー。・・・どヴぉんさんのほうが詳しい気がする。笑

      削除
    3. 正確には「東京今昔歩く地図帖」でした! すみません。
      本願寺の建物は特徴がありますよね。あの建物は昔から変わっていないとしても(実際どうだったかは知らないのですが^^;)、その周りは劇的に変化を続けているのだと思うと、「旅の案内帖」や「地図帳」は何倍も楽しむことができそうですね。

      役立つというより、その土地になじんだ方のオススメってそれ自体に価値があると思いますね(なので、ガイドブックを持って歩いたりするのって、あまり好きではないのです。旅行へ行くときは、ほとんど事前情報なしで行きます)。 括弧の文のほうが長くなってしまいましたが、そんなわけで是非いろいろ教えてください m(__)m

      削除
    4. いやいやいやいや、こちらこそすみません。お手数をおかけして…。あとは自分で調べろよ的なことであったのに、最後までどヴぉんさんに頼ってしまい、本当ありがとうございます。私のようなやつのことはテキトーに。ほかの大事なことに貴重な時間とエネルギーを使ってくださいね☆☆☆

      かっこいい旅の仕方ですね。頼もしい…というか、どヴぉんさんの場合 方向とか空間認識というんですかね、方向音痴の逆で 方向・方角の感覚も優れていそうだから、その場その場で動いても余裕しゃっくりなんでしょうね(しゃっくりって何。 そういえば私もガイドブックはあまり持ち歩いたことがないかも。あんまり調べません(面倒くさがりやで)。しかし地図は用意して持っていくことが多いです。でも東京など 観光地慣れしてるところは歩いてても地図の看板?みたいなのがすぐ見つかって、便利ですね。あ また話ずれてしもた。…そんなわけで、何かあればぜひおっしゃってくださいね♪変わった田舎話が見つかったら、話をずらすついでにぽろっと話すと思います。どヴぉんさんの旅のお話も、いつかぜひ聞いてみたいです。

      削除
    5. はい、喜んで!(^^)
      (といっても、最近はまったく旅をしていないのですがッー、腰が重いという状態ですね^^;)

      じつは僕、「観光地」が好きではないのですが、これはまた面倒なひねくれ者の話です(笑)

      削除

ご訪問ありがとうございます。コメントの投稿はこちらからお願い致します。