本読み、音楽、アニメ、ゲームなど……じぶんのためのメモ的なものを、気まぐれに載せています。

2015年3月14日土曜日

「パイの歴史物語」

0:04 Posted by どぼん , 2 comments

03/12 : ジャネット・クラークソン「パイの歴史物語」

 クリスマスのミンスパイや感謝祭のパンプキン・パイは、栄養に富むおいしい食べものから強力なシンボルへと進化して生きのびた。しかしごくふつうの、毎日過程で手作りされていたパイは、時代の変化の波に飲まれ、淘汰されつつある。現代のように、人びとが時間に追われ、高カロリー食品が敬遠される世界で、パイに未来はあるのだろうか? (p. 161)
 パイとはなんでしょうか。だれもが「そんなの分かるよ」と言ってしまうような問いも、1927年のタイムズで白熱をみせたパイとタルトの違いをめぐる論争によって読者はパイの迷宮に引きずり込まれます。パイといえば、あの網目状の蓋が思い出されます。しかし蓋がない「プディング・パイ」なんて言うものもあったりして、いよいよパイの本質は分からなくなります。

 そこで歴史的にパイをみてみると、容器として使われていたという驚くべきことが分かります。それはグラタン皿のような耐熱容器であり、お弁当箱のような収納容器であり、いまでいう真空パックのような密閉容器だったのです。ウィリアム・サーモン (1695) の『家庭の辞書、あるいは家政の友 (Family-Dictionary, or, Household Companion)』いわく、イノシシのパイは「じめじめした場所に置かなければ、まる1年もつ」とか。パイはその優れた保存性のために、遠く離れた地で学ぶ息子や戦場にいる夫に送られるようになります。具体例として、1638年、ヘリフォードからオクスフォード大学の息子にパイを送る母の話が紹介されています。GoogleMapで測ってみたところ、105.62Km. クール便もないのに、常温のまま数日がかりで息子にパイを送るというのはかなり不安ですが、きちんと密閉されていたようです。

 当初は食べものというよりは容器として主に用いられていたパイが、やがておなじみの美味しい生地が作られるようになってから食べものとなり、密閉され保存性に優れたそれはイギリスの各地を飛び回り、イギリスでは携帯しながら食事をとれる合理性が好まれ800人の軍隊が行軍中の7分半のあいだにパイで食事を済ませていたとか。他方では豪華な装飾を伴ったり、中に意外性のあるもの(生きた小鳥・カエルなど)を仕込んだりと、イベントに定番の食べものとなってゆきます。ハトの足が出た「ピジョンパイ」のイラストがありますが、こんなので食欲が出たのでしょうか……。

 さらにパイは、17世紀から18世紀にかけてアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどにも広まってゆきます。しかしアメリカでパイといえば甘いものであり、オーストラリアではミートパイ、ニュージーランドではマトンパイ、各地でさまざまな意味づけがなされていったようです。

 小説、たとえばディケンズなどは、パイを「目くらまし」として多く描いたようです。家庭でも在り合わせのものでつくれる料理だったそれは、言い換えれば「ごちゃ混ぜでなにが入っているか分かったものではない」ということです。「子牛の肉のパイはいいもんだ。それを作った婦人が知り合いで、そいつが子猫の肉ではないとわかっているなら」 あるいは復讐法として、シェイクスピアは敵の子供の肉でつくったパイを、敵に悟らせずに食べさせるという場面を描いていたとか。「何が入っているか分からない」というのは、楽しみでもあり、恐ろしいことでもあったのだと思います。

 パイのわくわく感を感じながらパイを食べてみたい、と思わせてくれる本でした。

2 件のコメント:

  1. パイの絵からして興味をそそられます!パイおいしい♪ でも、パイ作りは難しくて避けています。ごめんね。(人様のブログでなぜか謝ってみる。 だけども、パイってパイだと思っていた…。パイに未来?もちろんありますよ!! 私が好きだから(え なんか未来あるんかと聞かれたら、かわいそうになってきた…頑張ってパイ作れるようになろう(単純

    単なる容器として使われていたなんて知らなかった! ちょっとくらい長い期間なら保管できるものもあると知ってたけど、一年?わお。便利ですな。もし作れたら非常用グッズに加えてもいいか…あ…イノシシ?……今の話はなかったことで…笑

    イベントに定番のパーティグッズかと思ったら、定番の「食べ物」?…涙 私も同感です…ハトの足が出たパイなんて、「あ 用事思い出したから帰ります」ですよね。帰り道ハトさんのためにお祈りを…。…

    私の中では、パイとタルトは、くっきり分かれていたんで、タイムズで、その違いが取り上げられて読者も巻き込んだなんて驚きました!! もしかして、中身のほうに重点を置いて取り上げられたのかな~ いやそんなはずはないか。。。私にとって、材料や作り方、生地の時点で明らかに違うと認識していたので、このお話には衝撃を受けています笑 そんなにあいまいなんですか?ちょっと勉強しなおさなくては…笑 そういえば作り方を簡略化したパイとタルトであれば線引きがあいまいになる、かも、しれない。

    ―今ちょっとだけ見てみたら、ヨーロッパ(ほかにもあるでしょうけれど)ではアップルパイをタルトと呼ぶこともあるんだそうで、それってパイじゃん。・・・それと、パイはパイ生地以外で作ったものもあるよーとありました。それってパイじゃないじゃん・・・? なるほど、そういうことだったんですね。こうした習慣や伝統のある地域、あるいはその影響を受けている国々では、そりゃパイとタルトを区別しにくいわー。私はそもそもパイはパイで、タルトはタルトとして、それぞれ何なのかを知ったから、…すっごく失礼しました…。どヴぉんさん、いっつもナイスなお話を本当にありがとうございます☆+゚ またまた勉強になりました! 先入観は正しい知識をはじくことがあるし、人を傷つけさえする、私がしてしまいがちなことです。気をつけます!! あ長くなってしもた…すみません。

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです。コメント下さってありがとうございました。
      下らない記事ばかりでコメントも大変だったのではないかと思います(^^;)

      パイはある意味で「パーティーグッズ」なのですが、やはり食べる前提でしょうね(笑) 普通にきれいに鳥のかたちなどに細工されたパイもあったようですが、驚くべきは、なかに生きた小鳥を入れて、パイのふたを開けたとたんに飛び立つ仕掛けを施したり、巨大なパイのなかに人が入るなんてものもあったようです。

      パイとタルトについては、もちろんSt' さんがおっしゃるように中身による区別という方法もありますが、パイは肉でも果物でもありですし、肉のタルトというのもあり得るので定義が難しいのですよね。なので、暫定的には「フタ」が決定的な分岐点となります。たとえばウィキペディアの「タルト」の項目をみると、「パイ生地(あるいはビスケット状の生地)で作った器の上に、クリーム・果物等を盛りつけた菓子がそう呼ばれているが……」とあるので、暗に「フタがあること」が区別の条件になっているようですし、この本によれば、OEDでも定義として同じようなことが書かれているのだとか。

      アップルパイがタルト、もはや大混乱ですね。特に日本では、網目のあるフタのかかったパイというイメージが強烈にあることによって、パイとタルトの混同が避けられているような気がします。先入観が覆される、その意味でも面白い本かもしれません! なるほど!

      削除

ご訪問ありがとうございます。コメントの投稿はこちらからお願い致します。